[ロンドン/ムンバイ 4日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の主要産油国は25日開催される会合で、6月に期限を迎える協調減産を延長することで合意する見通し。だが、減産幅を拡大する公算は小さいという。関係筋が4日、明らかにした。

あるOPEC筋は「減産合意の順守状況はすでに良好であるため、サプライズは想定していない」とし、減産拡大の可能性は低いと話す。

一段の供給削減は見込めないと伝わったことで、原油先物相場はおよそ5%急落。北海ブレント先物<LCOc1>は1バレル48.32ドル、米WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)先物<CLc1>は45.39ドルまで売られ、OPECが減産で合意した昨年11月30日以来の安値に沈んだ。