[横浜市 5日 ロイター] - 黒田東彦日銀総裁は、大規模な金融刺激策や財政政策によりインフレが「著しく」加速することを確信していると述べた。黒田総裁は5日放映されたCNBCのインタビューで「(日本国民の)マインドセットは、インフレ見通しに対してまだ非常に慎重だ。ただ、財政政策に支えられた継続的な金融緩和政策により、物価を大幅に上昇させることが段階的に可能であることを強く確信している」と話した。

総裁はさらに、日本経済は過去2四半期において「強い回復基調」を示しており、これにより実際の国内総生産(GDP)と潜在産出量の差を示す「産出量ギャップ」は縮小し、労働市場は引き締まり、インフレ率は徐々に2%まで上昇することにつながるだろうと述べた。