[ニューヨーク 5日 ロイター] - 米JPモルガンは5日、朝方発表された4月の米雇用統計を受け、第2・四半期の米経済成長率は約3.0%になるとの見通しを維持した。

また、連邦準備理事会(FRB)は6月に追加利上げに動く軌道から外れていないとし、6月の会合では金利見通しが「タカ派方向にシフト」する可能性があるとの見方を示した。