ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

(1989年6月、上海)

 「それで、本当にトラックの手配は大丈夫なのかい?」

 「ああ、我々の運動に賛同してくれる公司の幹部が、幌つきトラックで密かに北京まで送り届けてくれると約束してくれた」

 祝平の問いに答えた李傑は、周りの同志を見回した。夕暮れ時の華盛大学、キャンパス内を流れる小川の畔、芝生の上に車座になった十数名の若者たちは、紅潮した顔を並べて二人の口に注目していた、俯いているただひとりを除いて。

 「その協力者とは、いったい何者だ?」

 周囲の中から問われた李傑は、首を振りながら応じる。

 「それを僕の口から話すわけにはいかない。判ってくれ。この中には、一緒に北京へ行かないメンバーも混じっているからね」

 ひとり俯いていた立芳へ目を向けながら、李傑は皮肉を交えて話した。

 「君が慎重になるのは判るが、立芳はずっと共に闘ってきた仲間じゃないか。みんなの団結心に水を差すようなことは言わないでくれよ」

 祝平が助け舟を出すと、立芳も顔を上げる。

 「本当にごめんなさい。活動の道は違っても、心はみんなと一緒よ。信じて」

 「みんな判っているさ。君は、隆嗣のいる日本へ行くんだ。そして、海外からこの国の民主化のために活動を続けてくれ」

 祝平の励ましの言葉を、周りの学生たちも頷いて後押ししてくれている。立芳は涙を隠すために再び俯いた。

 「それで、興工大学のメンバーとも確認はできているのかい?」

 祝平が本題に話を戻す。

 「ああ。建平たちと、今日打ち合わせをしてきた。興工大学からは14名、我々が12名だから、併せて26名だ」

 幌つきトラックの荷台に乗り込んで、民主化運動の同志たちと北京まで長征する。全国から集まった幾万もの仲間たちが、天安門広場で待ってくれているはずだ。

 戒厳令が敷かれ人民解放軍に囲まれて緊迫した状況の中、意思を貫きデモを続ける仲間たちと合流して歴史の魁となる自分たちの姿を胸に描いて、若者たちの気持ちは更に高揚していった。

 「それでは、各自準備に取り掛かってくれ。明日6月3日の深夜、午前零時に魯迅公園前に集合だ。目立たないよう個別に移動して現地で落ち合うことにしよう」

 祝平が宣言してみんなが立ち上がった。立芳は仲間たち一人一人に握手を求め、女性同志には抱擁を以って別れを告げていた。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    お金のウソ

    お金のウソ

    中野晴啓 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    誰も教えてくれなかった「お金の真実」!親の言うことを聞いているとお金が減る。 20代、30代がこれから生き抜くための本当に必要で最低限の知識。 成長なき「成熟経済」の時代に、お金を着実にふやして、守り、安心を手に入れるには、 預金、保険、銀行、投資…お金をふやすには、どうつきあうのが正解?

    本を購入する
    著者セミナー・予定

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    村上卓郎(むらかみ・たくろう)

    1965年生まれ。大学在学中に中国へ留学。会社勤務にて貿易業務と海外駐在を経験。現在は独立して貿易仲介業を営む。初めて書いた『認命(レンミン)――さだめ』が第3回城山三郎経済小説大賞で最終候補に残り、選考委員から絶賛される。


    連載経済小説 運命回廊

    〈第3回〉城山三郎経済小説大賞は、異例の2作品が大賞受賞。惜しくも選から漏れたものの、大賞作に劣らぬ魅力があると各選考委員から絶賛された隠れた名作があった。
    その作品とは『認命(レンミン)――さだめ』。
    バブル期の日本になじめず、中国に渡った青年は、なぜ中国に残ってビジネスを続けるのか――。共産党の支配下で急成長する中国経済をリアルに描いた話題の経済小説が『運命回廊』と改題して、ついにWEBで連載開始!

    「連載経済小説 運命回廊」

    ⇒バックナンバー一覧