ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

(2008年6月、徐州)

 南郊賓館の客室で対峙する祝平と李傑。

 「あれから、俺はずっと考えていたんだ。考える時間はたっぷりあったからね」

 祝平が李傑の目を捉える。

 「なぜ君は裏切ったのか……」

 「私は、昔から共産党の信奉者だ。自分の信念で行動したに過ぎない。そして歴史が証明した通り、君たちは国家の発展を阻害する反逆者だったということだ。あれ以降の中国の成長を見てみろよ。共産党の指導のもとで着実に中国は進歩しているじゃないか」

 後ろめたさを押し隠して李傑が精一杯の反論を試みるが、祝平は苦笑いを返すだけだった。

 「なるほど、立派な御高説だ。いかにも共産党常務委員様のお言葉だな。では、もう一つの疑問。北京行きを拒んだ彼女が、なぜあの夜現れた。しかも、我々に『逃げて』と叫んでいた。危険が迫っていることを知って、我々を助けようとしてくれたんだ。いったい誰が彼女にそんなことを教えた……。
  君しかいないだろう。君は、現れるはずのない彼女をわざわざ呼び寄せたんだ。私たちと一緒に、彼女も逮捕させるつもりだったんだろう?」

 「何が言いたい」

 咎める李傑の声は震えていた。

 「君は、彼女に惚れていた、違うかね? 父親が共産党幹部の君は、本当は民主化運動などに興味はなかった。しかし立芳に近付きたくて、自分を偽って我々の運動に参加したんだ。君は自己顕示の強い発言が多かったが、それは運動への情熱というよりも、立芳に認めてもらいたかったからだろ?」

 李傑は顔を背けて聞こえていないような態でいるが、構わず祝平が続ける。

 「しかし、彼女は隆嗣を愛してしまった。それが許せなかった君は、自分の保身も併せ考えて、公安へ寝返ることにしたんだ。君は、立芳を逮捕させることで隆嗣との将来を奪い、密かに復讐を遂げようとしたんだ」

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


村上卓郎(むらかみ・たくろう)

1965年生まれ。大学在学中に中国へ留学。会社勤務にて貿易業務と海外駐在を経験。現在は独立して貿易仲介業を営む。初めて書いた『認命(レンミン)――さだめ』が第3回城山三郎経済小説大賞で最終候補に残り、選考委員から絶賛される。


連載経済小説 運命回廊

〈第3回〉城山三郎経済小説大賞は、異例の2作品が大賞受賞。惜しくも選から漏れたものの、大賞作に劣らぬ魅力があると各選考委員から絶賛された隠れた名作があった。
その作品とは『認命(レンミン)――さだめ』。
バブル期の日本になじめず、中国に渡った青年は、なぜ中国に残ってビジネスを続けるのか――。共産党の支配下で急成長する中国経済をリアルに描いた話題の経済小説が『運命回廊』と改題して、ついにWEBで連載開始!

「連載経済小説 運命回廊」

⇒バックナンバー一覧