[ロンドン 8日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>は英国の総選挙を6月8日に控え、同国の新聞でフェイクニュース(偽記事)の危険を読者に警告する広告キャンペーンを開始した。

フェイクニュースは昨年の米大統領選でも問題になり、多くの偽情報がフェイスブックなどのソーシャルメディアでシェアされた。同社には対策を求める強い圧力がかかっている。

同社は読者に対し、信じがたい見出しについては疑いを持つよう促すとともに、信用できないニュースはシェアする前に他の情報源で確認するよう呼び掛けた。偽アカウントは削除し、怪しい兆候がある場合は投稿を推奨しないようにするという。

「偽記事を見つけるコツ」と題した今回の広告では、記事が本物かどうかを見分ける10の方法が列挙。URL(ウェブサイトのアドレス)をよく確かめることや、ニュースソースを調べること、フォーマットが他とは異なっていないか、画像が本物かを見極めることを挙げた。

英国部門のポリシー担当責任者、サイモン・ミルナー氏は「偽記事を拡散している恐れのある偽のアカウントを特定し、削除するための新しい方法を開発した。問題の原因を見つけることができるだろう」と述べた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)