[ワシントン/パリ 8日 ロイター] - トランプ米大統領は8日、仏大統領選で当選したマクロン氏と電話協議し、25日にブリュッセルで開催される北大西洋条約機構(NATO)首脳会議にあわせ、会談することで合意した。米ホワイトハウスが明らかにした。

「トランプ大統領は、共通の課題に対しマクロン次期仏大統領と共に取り組むことを望んでいると強調するとともに、米仏の長く強固な協力の歴史に言及した」としている。

一方、マクロン氏の報道官は、同氏が電話協議で、2020年以降の地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」を断固として守る考えをトランプ氏に伝えたと明らかにした。CNNに対し述べた。

電話会談では、テロとの戦いや経済情勢などを巡り、10分間ほど協議したとしている。

*写真を付け、カテゴリーを追加して再送します。