[アテネ 9日 ロイター] - ギリシャのチプラス首相は9日、債務軽減を巡る実質的な解決に「これまで以上に近づいた」との認識を示し、債権者側の行動を求めた。

同氏は記者団に、現在の支援期限が切れた後、追加緊縮策をとることですでに合意していると強調。「ボールはもはや、われわれのコートにない」 と語った。

また、内閣改造を検討しているかを問われると、否定した。