カジノは、テーブルゲーム158台、スロットマシン291台を備える。ベージュを基調とした上質な内装は、ゴージャスなIRとして定評のあるウィン・リゾートをイメージさせるもので、担当者に聞くと、実際にウィンを手掛けたデザイナーを起用しているそうだ。

 日本語が通じる現地スタッフのほか、日本人スタッフも多く配置されるなど、カジノを初めて訪問する日本人でも気軽にゲームを楽しめるよう、心遣いが随所に見て取れる。VIPテーブルのある落ち着いた空間を借り切ってプレーするのもよいだろう。

ウィン・リゾートのデザイナーを起用した上質な内装のカジノ内VIPフロア [ R.S ]
カジノでは、個室を借り切って優雅にプレーを楽しむこともできる [ R.S ]

 カジノをはじめ、上級グレードを含む711室のホテル、世界の料理を取り揃えたレストランなどがこのほどオープンしたのを皮切りに、2018年の上半期にはショッピングモールやスパなどが営業を開始し、さまざまな楽しみを提供する統合型リゾートとしての全貌が公開される。

 セガサミーホールディングスは、パラダイスシティを日本でのIR開発のモデルケースにする考えだ。

プレジデンシャルスゥイートなどを含め、ホテルの客室数は全711室 [ P.C ]
アジア最大規模のハブ空港・仁川国際空港に隣接する広大な敷地に開発されたパラダイスシティ [ P.C ]

パラダイスシティ 施設概要(全体)
[施設名称] PARADISE CITY (パラダイスシティ)
[運営会社] PARADISE SEGASAMMY Co.,Ltd.
[施設住所] 大韓民国仁川広域市中区永宗海岸南路321道186
[敷地面積] 33万平方メ-トル(約10万坪)
[投資金額] 約1万3000億KRW(セガサミー投資額:2329億KRW 持株比率45%)
[施設構成]
<2017年4月20日オープン>
ホテル、カジノ、コンベンションホール(宴会場)
<2018年上半期オープン予定>
商業施設、文化施設、プレミアムスパ(温浴施設)、クラブ、エンタテインメント施設、デザイナーズホテル
[開業日] 2017年4月20日(木)
[公式サイト] http://www.p-city.com/