[ソウル 10日 ロイター] - 韓国の情報機関トップの国家情報院長に指名された徐薫(ソ・フン)氏は10日、南北首脳会談を行う前に、北朝鮮核問題の解決に向けた適切な状況を整える必要があるとの認識を示した。

同氏は記者団に対し、南北首脳会談に言及するのは時期尚早と指摘した。