5月10日、中国の銀行が斜陽の企業向け貸し出しから、拡大が見込める個人向け住宅ローン業務へと急速に軸足を移している。写真は住宅の模型。北京で4月撮影。提供写真(2017年 ロイター/China Stringer Network)

[上海 10日 ロイター] - 中国の銀行が斜陽の企業向け貸し出しから、拡大が見込める個人向け住宅ローン業務へと急速に軸足を移している。支店を再編し、職員の手数料体系を見直すなど前代未聞の力の入れようで、ローンの実行件数は急増した。

 ただ、専門家や規制当局、中国人民銀行(中央銀行)からは、顧客獲得競争の激しさや住宅価格の高騰を警戒する声も出ている。

 中国の銀行の多くでは長年、金額が大きく金利も高い企業向け貸し出しが融資の大半を占めていた。しかし、一部の主要産業で景気が減速し、企業倒産が目立つようになった今、銀行は法人貸し出しを減らして他の選択肢を探すよう迫られている。

 人民銀行のデータによると、5大銀行による住宅ローンは昨年約30%増と、過去5年で最も急速な伸びを示した。中国全体で見て、今年第1・四半期の新規融資に占める不動産向け貸し出しの割合は40.4%となった。

 中国において、住宅ローンは最も安全な融資の一つ。担保がある上、物件価格に対する融資の割合(LTV)が40%を下回る保守的な借り入れだからだ。

 しかし最近は、銀行が職員に厳しい目標を課すなどローン獲得競争が過熱しており、金融危機前の米国と似ているとの指摘も出るようになった。