ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エディターズ・チョイス
2011年6月27日
著者・コラム紹介バックナンバー

全著書を読破した男が語る
5分でわかるドラッカー思想大全

1
nextpage

ドラッカーをよく知りたい、ドラッカーの思考を理解したい、その希望を叶える本がある。ドラッカーはどんなことを体験し、何を考えながら著作を書き上げたのか。ドラッカーのバックボーンを知ることで理解を深めることができる。『ドラッカーはなぜ、マネジメントを発明したのか』の著者、ジャック・ビィーティ氏に話を伺った。(聞き手:大野和基)

映画「もしドラ」で話題のドラッカーは、
90年代のアメリカですでに映画で話題になっていた

――ピーター.F.ドラッカーに関心をもったきっかけは何でしょうか。

 1990年代の非常に早い時期に、ドラッカーが『アトランティック・マンスリー』に執筆したことがきっかけです。私が編集したのですが、魅力的な記事でした。それは情報化時代がいかにして社会にいろいろな種類の影響を与えるかという、社会変化についての記事でした。彼のビジョン、洞察力、息遣いすべて非常に魅力的でした。

 当時、私は『ウォール・ストリート・ジャーナル』に掲載されたドラッカーの記事をときおり読んではいましたが、それ以上のことは何も知りませんでした。ドラッカーに魅せられた私は、彼の思想を知るのに役立つ本を探しましたが、そのような本はありませんでした。それで、自分で書こうと決意したのです。

――『アトランティック・マンスリー』の記事ですが、ドラッカー自身が寄稿したのですか。それとも編集部が依頼したのですか。

 ドラッカーが編集長とコンタクトしていて、編集担当が私に回ってきました。たとえ彼が自分で寄稿したとしても、どの編集者でも発表したいと思ったでしょう。掲載することにリスクはありませんでした。

『ドラッカーはなぜ、マネジメントを発明したのか』の著者ジャック・ビーティ氏

――ドラッカーはすでに著名でしたか。

 日本における人気ほどではありませんが、著書はたくさんあったし、名前はよく知られていました。

 例えば、1980年代の後半か90年代の最初に作られた『バルセロナ』という映画で、「ドラッカーを読んだことがありますか」とか「これはドラッカーが書いていました」などと登場人物が話しています。映画を観た人は誰でも何のことを言っているかわかっていました。それほどドラッカーの名前は知られていました。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
再起動 リブート

再起動 リブート

斉藤徹 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年12月

<内容紹介>
僕は4回死に、そのたびに復活した。 波瀾万丈のベンチャー経営を描き尽くした真実の物語。 バブルに踊ろされ、金融危機に翻弄され、資金繰り地獄を生き抜き、会社分割、事業譲渡、企業買収、追放、度重なる裁判、差し押さえ、自宅競売の危機を乗り越え、たどりついた境地とは

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、1/8~1/14)


注目のトピックスPR



エディターズ・チョイス

ダイヤモンド社書籍オンライン編集部によるインタビューまたは厳選した特別寄稿。経済、産業、経営、社会問題など幅広いテーマを斬新な視点で紹介する。

「エディターズ・チョイス」

⇒バックナンバー一覧