ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エディターズ・チョイス
2011年6月27日
著者・コラム紹介バックナンバー

全著書を読破した男が語る
5分でわかるドラッカー思想大全

1
nextpage

ドラッカーをよく知りたい、ドラッカーの思考を理解したい、その希望を叶える本がある。ドラッカーはどんなことを体験し、何を考えながら著作を書き上げたのか。ドラッカーのバックボーンを知ることで理解を深めることができる。『ドラッカーはなぜ、マネジメントを発明したのか』の著者、ジャック・ビィーティ氏に話を伺った。(聞き手:大野和基)

映画「もしドラ」で話題のドラッカーは、
90年代のアメリカですでに映画で話題になっていた

――ピーター.F.ドラッカーに関心をもったきっかけは何でしょうか。

 1990年代の非常に早い時期に、ドラッカーが『アトランティック・マンスリー』に執筆したことがきっかけです。私が編集したのですが、魅力的な記事でした。それは情報化時代がいかにして社会にいろいろな種類の影響を与えるかという、社会変化についての記事でした。彼のビジョン、洞察力、息遣いすべて非常に魅力的でした。

 当時、私は『ウォール・ストリート・ジャーナル』に掲載されたドラッカーの記事をときおり読んではいましたが、それ以上のことは何も知りませんでした。ドラッカーに魅せられた私は、彼の思想を知るのに役立つ本を探しましたが、そのような本はありませんでした。それで、自分で書こうと決意したのです。

――『アトランティック・マンスリー』の記事ですが、ドラッカー自身が寄稿したのですか。それとも編集部が依頼したのですか。

 ドラッカーが編集長とコンタクトしていて、編集担当が私に回ってきました。たとえ彼が自分で寄稿したとしても、どの編集者でも発表したいと思ったでしょう。掲載することにリスクはありませんでした。

『ドラッカーはなぜ、マネジメントを発明したのか』の著者ジャック・ビーティ氏

――ドラッカーはすでに著名でしたか。

 日本における人気ほどではありませんが、著書はたくさんあったし、名前はよく知られていました。

 例えば、1980年代の後半か90年代の最初に作られた『バルセロナ』という映画で、「ドラッカーを読んだことがありますか」とか「これはドラッカーが書いていました」などと登場人物が話しています。映画を観た人は誰でも何のことを言っているかわかっていました。それほどドラッカーの名前は知られていました。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

生形大 著

定価(税込):2017年3月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
日系企業から転職した外資系金融マンが明かすお金の知識。なぜ日本のサラリーマンは高収入でも貧乏なのか? なぜかお金が減ってしまう人は知っておきたいお金をふやす習慣。年収1億円の元外資系金融マンが明かす「お金に働いてもらう」、「フロービジネスではなく、ストックビジネスを増やす」方法がわかる!

本を購入する
著者セミナー・予定

(POSデータ調べ、3/12~3/18)




エディターズ・チョイス

ダイヤモンド社書籍オンライン編集部によるインタビューまたは厳選した特別寄稿。経済、産業、経営、社会問題など幅広いテーマを斬新な視点で紹介する。

「エディターズ・チョイス」

⇒バックナンバー一覧