[上海 11日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)は11日、中期貸出ファシリティー(MLF)について、一部の商業銀行に需要を打診した。関係筋が明らかにした。

同筋によると、人民銀は12日、MLFを通じて流動性を供給する見通し。供給額や金利が据え置かれるかどうかは不明。

人民銀は先週、期限を迎えた6カ月物MLF資金2300億元(333億1000万米ドル)のロールオーバーを見送った。5月16日には6カ月物MLF資金1795億元が期限を迎える。