ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
【前回までのあらすじ】
四川省の農村部落にある小さな中学校で、祝平と再会した隆嗣は、旧友の変わり果てた姿に驚く。隆嗣は、立芳を襲った事件のすべてを祝平から聞き、決意を新たにする。一方、祝平は李傑を呼び出し、かつての裏切り行為をネタに100万元を要求した。
川崎産業が倒産したため、慶子とともに日本に帰国した幸一は、慶子の父・洋介の身の回りの整理を手伝っていた。残務整理を気にして身を引こうとする慶子に対し、幸一は自分の思いをぶつけた。

(2008年7月、上海)

 浦東新区にある隆栄実業公司オフィス、その奥にある総経理室で、隆嗣は携帯電話を耳に当てていた。

 「明日上海へ来るって、なにか急ぎの仕事でもあるのかね?」

(……実は、君に折り入って相談したいことがあるんだ)

 李傑の声に、いつもの快活さはなかった。

 「なんだい? 老朋友。遠慮なく言ってくれよ」

(公司として、四川震災へ義捐金を出したいんだが)

 「それだったら、すでに紅十字(赤十字)へ10万元寄付したじゃないか。震災直後に」

(いや、それとは別に……政府関係からの圧力が強くてね。私の立場もあるんだ)

 「隆栄木業公司は、まだ黒字化できていない状態だ。だが、義捐金ということにはやぶさかではない。私のポケットマネーから、新たに10万元を紅十字に寄付しよう」

(いや、そのお……紅十字ではなく、特定の学校への再建費用として、100万元ほど用意しなければならないんだ。オリンピックを控えた今、世界中から注目されているのは震災後の復興状況だし、特に少数民族地域への援助がクローズアップされている。その支援金を集める能力が、共産党内部での今後の出世のために大きな鍵となるんだ)

 「わかった。みなまで言わなくてもいいさ。君が党の中で出世することは、我々の事業のためにも重要なことだ。考えておこう、明日上海へ着いたら連絡をくれ」

 隆嗣は、窓から見える摩天楼群を見渡した。今までも、大きな商談を成立させた後には、ここからの眺めを堪能して感慨に浸っていたものだ。

 しかし、今日のそれは、感慨などと言えるものではない。それに、まだ商談が成立したわけでもなかった。やっと契約交渉に入った段階に過ぎないのだ。

 翌日、上海虹橋空港へ着いた李傑をピックアップした隆嗣は、先に昼飯にしようと誘って淮海路の中華レストランへと向かった。二人は窓際の静かな席を確保した。

 適当に注文を済ませてから、隆嗣は持参してきた紙袋を無造作に差し出した。受け取った李傑が意外な重量感を感じて中を覗くと、そこには封をしてある赤い100元札の束が幾重にも重なっていた。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


村上卓郎(むらかみ・たくろう)

1965年生まれ。大学在学中に中国へ留学。会社勤務にて貿易業務と海外駐在を経験。現在は独立して貿易仲介業を営む。初めて書いた『認命(レンミン)――さだめ』が第3回城山三郎経済小説大賞で最終候補に残り、選考委員から絶賛される。


連載経済小説 運命回廊

〈第3回〉城山三郎経済小説大賞は、異例の2作品が大賞受賞。惜しくも選から漏れたものの、大賞作に劣らぬ魅力があると各選考委員から絶賛された隠れた名作があった。
その作品とは『認命(レンミン)――さだめ』。
バブル期の日本になじめず、中国に渡った青年は、なぜ中国に残ってビジネスを続けるのか――。共産党の支配下で急成長する中国経済をリアルに描いた話題の経済小説が『運命回廊』と改題して、ついにWEBで連載開始!

「連載経済小説 運命回廊」

⇒バックナンバー一覧