[パリ 12日 ロイター] - フランス大統領選で当選した中道派のマクロン次期大統領の側近は12日、マクロン氏が主要な保守勢力である共和党との協議に「オープン」な姿勢でいると明らかにした。

マクロン氏の広報担当を務めるアルノー・ルロワ氏はBFMテレビに対し「共和党内には、フランスのために役立ちたいが、『マクロン化』は望まないと訴えるグループが存在する。われわれは協議にオープンでいる。どの扉も閉じていない」と語った。