[ワシントン 12日 ロイター] - 米上院情報委員会の民主党トップ、ワーナー議員は12日、連邦捜査局(FBI)長官を解任されたコミー氏が来週開催する公聴会への出席を辞退したことを明らかにした。

同委員会は9日、コミー氏に16日開く公聴会で証言するよう要請していた。

ワーナー議員はMSNBCとのインタビューで「コミー氏は16日に証言しないことになったが、さほど遠くない将来において、コミー氏が上院情報委員会で証言する日が来ることを願っている」と語った。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)