[東京 14日 ロイター] - 稲田朋美防衛相は14日、同日早朝に北朝鮮が発射したミサイルについて、高度2000キロ超に達したことを明らかにした。北朝鮮のミサイルの高度が2000キロを超えたのは初めて。

稲田防衛相は、飛距離が約800キロ、飛行時間が約30分間だったことと合わせ、新型ミサイルの可能性があるとした。