[バリ(イタリア) 13日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのビスコ伊中銀総裁は13日、主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議後の会見で、世界経済の成長は依然緩やかであり、さまざまなリスクに直面していると述べた。

ビスコ総裁は「経済成長は続き、加速しているが、なお緩やかであり、金融市場や地政学の面でさまざまなリスクに直面している」と指摘。「ただ、そうしたリスクは最近後退している」との見方を示した。