[バリ(イタリア) 13日 ロイター] - ムニューシン米財務長官は13日、主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議後の会見で、米国は貿易保護主義を講じる権利があると強調した。「保護主義を望むわけではないが、貿易が自由かつ公平でないと判断した場合は、われわれは保護主義を講じる権利を持つ」と述べた。

ムニューシン長官は「米国のアプローチは、より均衡のとれた貿易だ」と強調。また、トランプ政権の経済政策については、これまでに説明を重ねているため、国際社会の理解が進んでいるとの見方も示した。