[ソウル 15日 ロイター] - 韓国は15日、日本、米国、中国、ロシア、ドイツの5カ国に特使を派遣すると発表した。朝鮮半島情勢が緊迫する中、関係強化を目指す。

大統領府によると、特使は派遣先で高官と会談し、文新政権の政策方針を説明するほか、二国間関係構築について意見を交わす。

日本には「共に民主党」の文喜相議員、米国には駐米大使や中央日報会長などを務めた洪錫炫氏、中国には李海チャン元首相を派遣する。ロシアには仁川市長を務めた「共に民主党」の宋永吉議員、ドイツには大統領選で文在寅陣営の経済顧問を務めた趙潤済氏を送る。