[パリ 15日 ロイター] - フランスのマクロン新大統領は15日、首相に保守派でル・アーブル市長のエドゥアール・フィリップ氏(46)を指名した。

大統領府(エリゼ宮)が公表した。

フィリップ氏は共和党(中道右派)の穏健派出身。6月に国民議会(下院)選挙を控える中、マクロン氏は保守派首相を起用することで、大統領選で自身を支持した旧社会党議員らとのバランスを取り、より幅広い層の支持獲得を目指す。

フィリップ氏は、マクロン氏支援に前向きな姿勢を示していたジュペ元首相に近く、今後共和党から造反者が増える可能性もある。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)