[ニューヨーク 15日 ロイター] - 米証券取引委員会(SEC)は15日、野村ホールディングス<8604.T>で商業用不動産担保証券(CMBS)デスクを運営していた元トレーダー2人が、利益を膨らませ報酬を増やすため顧客に債券価格を偽ったとして、ニューヨーク州の連邦地裁に提訴した。

SECによると、ジェームズ・イム、キー・チャン両氏は2010年以降、何度も「意図的に顧客に虚偽の情報を伝える」ことで75万ドル以上の追加利益を不正に得た。

チャン氏はすでに15万ドルの民事制裁金を含む約21万ドルの罰金を支払うことなどで合意。ただ、不正は認めていない。

イム氏は和解していない。

両氏の弁護士はコメント要請にこれまでのところ応じていない。野村の広報担当ジェニファー・ウィル氏はコメントを控えた。