[ワシントン 15日 ロイター] - 米ホワイトハウスのスパイサー報道官は15日、米通商代表部(USTR)のライトハイザー新代表が20─21日にベトナムで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)貿易相会合に出席すると明らかにした。

ライトハイザー氏は11日に上院で承認され、15日に就任した。

APEC貿易相会合では、米国が離脱した環太平洋連携協定(TPP)の参加国の多くと顔を合わせることになる。

ライトハイザー氏は北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉でも中心的な役割を果たす。スパイサー報道官によると、ライトハイザー代表は今週、議会の通商関連委員会との会合を行う。会合は、議会にNAFTA再交渉を通知し、90日間の協議期間をスタートさせるために必要なステップだ。