最近のスマホは、どれでもスタミナはそれなりに保つという印象だが、とはいえ1分でも長く使える方がうれしいのも確か。すると選択肢は2つ、大容量バッテリー搭載機か、省電力タイプのコンパクト機か。そんななかからZenFone 3 Max、AQUOS SERIE mini、RAIJINをピックアップして比較する。

11
ZenFone 3 Max(5.2型)
11
AQUOS SERIE mini
11
RAIJIN

本体もバッテリーも大きい or 小さい どちらが良いのか?

 今回用意したスマホはASUSの「ZenFone 3 Max」、au/シャープの「AQUOS SERIE mini」、FREETELの「RAIJIN」。SIMフリーありキャリアスマホありで異種格闘技戦の感があるが、まずは簡単に各機種の紹介から。

●ASUS「ZenFone 3 Max」(5.2型)
ZenFone 3 Maxには同じ製品名で5.2型と5.5型の2モデルがあるが、今回用意したのはエントリークラスの5.2型(ZC520TL-SL16)。バッテリー容量は4100mAhと大容量なのが最大の特長だが、4コアCPUでメモリー2GBとスペックは抑えめの印象だ。

●au「AQUOS SERIE mini SHV38」
ディスプレーは4.7型と最近のスマホでは画面、本体ともに小さめ。バッテリー容量も2400mAhしかないが、OSは最新のAndroid 7.0で、省電力性能に定評があるIGZO液晶を採用する。そのほか、VoLTE、CAにも対応。

●FREETEL「RAIJIN」
バッテリー容量は5000mAhと最大級。一方、ディスプレーもフルHDの5.5型と大きめ。8コアCPUに4GBメモリーとスペックは高いが、本体サイズも大きく重い。スタミナは有利そうだが消費電力も大きい?

 まずは主なスペック比較。OSのバージョンについては4月のテスト時点のものだ。

 性能的には、AQUOS SERIE miniとRAIJINの一騎打ち。画面サイズも本体サイズも大きく違い、重さは49gも差がある。どちらもフルHD解像度でOSはAndroid 7.0。CPUも8コア、ストレージとメモリーでRAIJINが64GB/4GBと上。

 通信周りはAQUOS SERIE miniがキャリアスマホらしく強力。キャリアアグリゲーションに加えて、高音質の通話ができるVoLTEに対応し、無線LANもIEEE802.11ac対応。さらにカメラが高画素、防水・防塵、ワンセグ、おサイフケータイ対応と機能だけならスキ無しだ。

 ただしRAIJINはバッテリー容量で大差をつけているうえ、通話時間を見ても3Gではあるが2040分と非常に長い。しかもDSDSに対応しているため(片方のSIMスロットはmicroSDスロットと排他)、2枚のSIMで同時待受が可能。さらにUSB端子はType-Cだ。

 この2機種とくらべて全体的なスペックがやや劣るのはZenFone 3 Max(ZC520TL-SL16)で、ディスプレーはHD解像度で、OSもAndroid 6.0。4コアCPUにメモリーは2GB。DSDSにも対応していない。

 スペックだけならAQUOS SERIE miniがリードと判断した。

料金比較ではやはりSIMフリーの2機種が圧倒的に安い

 続いて2年間のトータルコストを比較する。本体価格のほかに、料金プランを合算している。なお料金プランは通話SIMのプランの中から安いものを選んでいる。

 AQUOS SERIE miniはそのままauで購入(オンラインショップ)、契約した場合。ZenFone 3 MaxとRAIJINはセットで販売を行なっている楽天モバイル、FREETELのSIMと組み合わせた場合の料金だ。すべて税込み計算で小数点以下は四捨五入している。

 最安はZenFone 3 Max。本体価格はASUSの公式オンラインストアでも同じ。楽天モバイルではより安いベーシックプランとの組み合わせも可能だが、通信速度が常時200kbpsなので除外し、次に安価な3.1GBのプランだ。ただし通話定額は付いていない(オプションの追加で可)。

 それに続くのはFREETELのRAIJINで、本体価格も毎月の通信費もすべてまとめるスマートコミコミ+を利用して6万5936円。ただしこのプランは3年間の利用が前提。今回は24ヵ月分までの計算で、その時点でも支払いが残っており、本来の(3年間の)トータルコストは11万3624円となる。

 また、データの通信量は月1GBと少なめ。なお1万円のキャッシュバックがある(8月のアンケートに答えると、10月に振り込み)ため、本体価格をマイナス1万円とした。このプランには1回10分までの通話定額が含まれているため、通話が多い人には向いている。

 料金ではどうしても大差がつくのがAQUOS SERIE mini。2年トータル17万円超え。毎月割が適用されないデータ定額1(通信容量が毎月1GB)という安いプランを選んだが、それでもキャリアのスマホはどうしても高くなる。ただし、これも1回5分までの通話定額がある。

ボタン配置、ストラップホールの有無で差あり

 最後に外観チェック。3機種を並べるとやはりAQUOS SERIE miniが小さい。厚さは見た目ほどの違いはないが、5000mAhバッテリーのRAIJINは手に持つとずっしりと重く大ぶりだ。

11
当たり前だが、サイズ感には大きな違いがある

 ZenFone 3 Maxはメインキーをディスプレーに表示するタイプ。右側面に上から順に音量ボタン、電源ボタンを配置。上部にイヤホンジャック、左側面にSIMスロット兼microSDスロット、下部にmicroUSB端子。背面の指紋センサーは一見ボタン形状だがタッチタイプである。

11
11
メインのキーはディスプレー表示型。右側面にボタン類は集まっている
11
11
2万円前後の価格帯ながら、背面にはタッチ式の指紋センサーが。SIMスロットは2つあるがDSDSには非対応

 AQUOS SERIE miniもメインキーはディスプレー表示タイプ。右側面には上から順に音量ボタン、電源ボタン、さらにファンクションボタン(長押しでカメラ起動など)がある。上部にイヤホンジャック、左側面に防水カバーで覆われたSIMカード、microSDカードスロット。下部にmicroUSB端子とストラップホールがある。USB端子のデザインが見た目Type-Cっぽいのだが、実際は従来型のmicroUSBだ。

11
11
こちらもメインキーはディスプレー表示型。カスタマイズ可能なキーが用意されている
11
11
防水対応なのでスロット類はキャップの中。本体下部の端子はmicroUSB

 RAIJINはディスプレー下のタッチキータイプ。右側面はやはり上から音量ボタン、電源ボタンを配置。上部にイヤホンジャックとストラップホールがあるが、これがヒモを通しにくく、糸通しが欲しくなる。左側面にはSIMカード兼microSDカードスロット。下部にType C端子がある。背面の指紋センサーはZenFone 3 Maxと同じくタッチタイプ。

11
11
ディスプレーの外にタッチ式のキーが。左右の役割は入替可能。右側面にボタン類
11
11
本体下部にType-Cの端子。nanoSIM×2でDSDS対応だが、片方はmicroUSBと排他の仕様

スペックは高いが、キャリアスマホは料金がどうしても高め
というわけで引き分け!

 どの機種も一長一短ありで初回から引き分けと判断した。スペックだけを見ればAQUOS SERIE miniかRAIJIN。だがこの2機種トータルコストが高い。AQUOS SERIE miniはキャリアのスマホなので仕方ないとしても、RAIJINは料金というよりも実質3年契約という期間がネックとなる。

 一方のZenFone 3 Maxは圧倒的に安いものの、スペックは最近の機種の中では低め。性能を求めるなら、同じZenFone 3 MaxでもフルHD解像度/オクタコアCPU/3GBメモリーの5.5型がオススメとなる。

 次回はスピードチェック。なにしろ片手操作でのチェックだから大型スマホ2機種は文字入力が苦手だろう。果たしてAQUOS SERIE miniが圧勝するのか? お楽しみに。