今回は070/080/090番号による音声通話付きSIMの主要サービスについて、料金表でまとめている。先週の格安SIM、格安スマホの話題は、オンキヨーがCATブランドのタフネススマホを国内に導入。また、ZenFone 3がAndroid 7.0にバージョンアップした。

11
海外ではおなじみのCATブランドのスマホがオンキヨーから発売

一目でわかる超タフネスな外観とブランド
「CAT S40」がオンキヨーから発売

 オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは、CATブランドのSIMフリースマートフォン「S40」を5月下旬に発売する。予想実売価格は税抜5万円前後。

 CATブランドのスマホは、海外のイベントなどではすでにおなじみの存在で、ASCII.jpでも何度かレポートしている。建築機械メーカーのキャタピラーからブランドのライセンスを受けており、タフネス性能が最大の売りだ。S40も同様で、MIL規格準拠の落下試験をクリアする耐衝撃性能のほか、防水・防塵(IP68)対応、動作温度はマイナス25~55度、さらに手袋を付けていてもそのままタッチ操作が可能などの特長を持つ。

11
いかつい外観からもわかる頑丈さも特長

 そのほかのスペックは、qHD解像度(540×960ドット)の4.7型IPS液晶、Snapdragon 210(1.1GHz、クアッドコア)、2GBメモリー、16GBストレージ、8メガカメラ(イン2メガ)、3000mAhバッテリー、Android 5.1など。

ZenFone 3がAndroid 7.0へのアップデートを開始

 ライバルのフラグシップ機と比較すると、Android 7.0へのバージョンアップがやや出遅れていた感があるASUSのZenFone 3シリーズだが、ZenFone 3 Ultraにつづいて、主力モデルと言える無印のZenFone 3でも15日からアップデートが開始される(タブレットのZenPad 8.0も同時に開始)。

11
無印のZenFone 3にAndroid 7.0が配信!

 今回アップデートが行なわれるのは無印ZenFone 3の5.2型/5.5型の両方。Android 7.0の新機能であるマルチウインドウへの対応やSNSなどの各種通知の通知領域からの返信といった機能のほか、画面の表示サイズの切替なども追加される。

人気の音声通話付きSIMの料金表(税込)
(データ専用SIMは前回分をクリック

※1:518円/1GBの追加チャージのみ、購入当月のみの利用で繰り越し不可(他は3ヵ月後の末日まで利用可能)。繰り越し可能な1GBのチャージは1188円
※2:26ヵ月目以降は通信量は半分になる
※3:新規加入時は最大12ヵ月間、1080円割引