麻倉怜士のハイレゾ

 評論家・麻倉怜士先生による、今月もぜひ聴いておきたい“ハイレゾ音源”集。おすすめの曲には「特薦」「推薦」のマークもつけています。e-onkyo musicなどハイレゾ配信サイトをチェックして、ぜひ体験してみてください!!

『ロータスの伝説 (完全版)』
Santana

特薦ロゴ

 新『ロータスの伝説』である。昨年暮れに日本のソニーミュージックの倉庫で、サンタナの1973年7月3、4日大阪公演を収録したアナログ・16チャンネルテープマルチテープが、発見された。本テープからLPの収録時間の関係で当時カットされた未公開音源7曲(約35分)を加え、全29曲の演奏曲順通りの完全版に仕立てた。

 あらゆる意味で完成されたセッションバージョンと異なり、本ライブはまさにラテンロックバンドとしての快適な乗り、乱舞するギターの色彩感、そしてリズムのキレとスピード感が体感できる貴重な音源だ。44年前のアナログ録音だから、最近のハイレゾ録音のような解像感、精細感は望めないが、音の太さ、剛性感、輪郭の量感……など、アナログ的な、そしてライブでなければ得られない音質的な記号性が満載だ。熱気と官能性が高く、サンタナのギターの歪み感が心地良い。冒頭、左チャンネルからMCが、「これからサンタナは一分間の瞑想に入ります」といって、本当に無音(会場ノイズはあるが)になり、瞑想するのである。正真正銘のライブ全収録である。

DSF:11.2MHz
Sony Music Labels Inc.、e-onkyo music

『MY ROOM side1』
Hiroko Williams

特薦ロゴ

 2014年9月から始まり、これまで5作品がリリースされ、ウィリアムス浩子の人気を不動のものにした“MY ROOM”シリーズ。その第1作のハイレゾ化だ。

 オーディオルームでのレコーディングがミソだが、どこのだれのルームかは明らかにされていない。「電源からルームアコースティックの細部にまでこだわったオーディオ的配慮」を行ったとe-onkyo musicの当該ページでは述べている。

 ギターとヴォーカルというシンプルなデュエット。実にクリヤーでクリーンな音だ。電源を整えたオーディオ・ルームとのことだが、まずS/Nの水準が高いことに驚かされる。周波数特性も癖っぽさが少なく、バランスの佳さが聴ける。ウィリアムス浩子の声は、ピラミッド的な安定的なF特を持ち、フレージングが濃い。声の質感が清潔で、ニュアンス感の揺れ動きなど、キメ細かく再現されている。馬場孝喜のギターの質感も細やかで、優雅。落ち着いた丁寧な輪郭にて、上質でスムーズな音調。耳の快感だ。

WAV:192kHz/24bit、FLAC:192kHz/24bit
Berkeley Square Music、e-onkyo music

『R.シュトラウス:楽劇《薔薇の騎士》』
レジーヌ・クレスパン、イヴォンヌ・ミントン
マンフレート・ユングヴィルト
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・ゲオルグ・ショルティ

特薦ロゴ

 アナログの絶頂期のウィーンフィルならではの妖艶で香り高い音調が濃密に伝わってくる。ウィーンの貴族生活での婚礼にまつわる、愉快なエピソードを音にするに、ウィーンフィルほどふさわしい楽団はあろうか。

 「ウィーン」という記号性のみならず、ウィーンフィルの持つ音色、音質、メッセージ性は、この退廃の貴族文化を描くに最適だ。ゾフィエンザールの豪華で華麗な音色もこの演目にふさわしい。当時のデッカの録音技術の高さが分かる華麗絢爛にして、細心丁寧なのである。当時のデッカの看板コンビ、ショルティ/ウィーンフィルならではの優秀作品だ。1968年11月、1969年6月、ウィーン、ゾフィエンザールで録音。

FLAC:192kHz/24bit
Decca、e-onkyo music

『Triplicate』
Bob Dylan

推薦ロゴ

 あの「風に吹かれて」のボブ・デュランがアメリカンスタンダートをうたうなんて、なんて時代になったのかと嘆くか、驚喜するか。もはやフォークのキングではなく、大人の上質なスタンダードシンガーではないか。

 しっとりとした渋い声が年輪を感じさせる。ひとことひとことに意味と思いを込め、丁寧に歌唱する姿からはかつての、フォークの時の絶唱の片鱗もないが、でも、これがボブ・デュランとは思わなければ、とても心に染みいる濃密な歌唱だ。しわがれ声が、高精度でハイクオリティに捉えられるのが、ハイレゾのボブの魅力だ。

FLAC:192kHz/24bit
Columbia、e-onkyo music

『LOVE 2』
平原綾香

推薦ロゴ

 平原のヴォーカルは、情報性が豊かだ。輪郭がしっかりと明確に描かれ、音楽用語でいうと、「マルカート」(一音一音をはっきりと奏する)的な明瞭さとくっきりさが特徴だ。輪郭が張っているので、音の伸びがクリヤーで、テンション感が高い。

 本アルバムでは、一曲目の「結婚しますが」の音調がフラットでエコーも少ないから、平原の歌声の特質がよく分かる。2曲目「約束のこの瞬間(とき)」に以降はエコーをたっぷりまぶせた響き豊潤型になるので、平原の本当の歌の素晴らしさが、エコーでカバーされてしまう。ゴージャス感もよいが、「結婚しますが」の生成り調はとても素敵だ。

FLAC:48kHz/24bit
EMI Records、e-onkyo music

『The Night Flight 3』
八神純子

推薦ロゴ

 ライブならでの興奮感とエモーションにも拘わらず、歌音がたいへんクリヤーだ。拍手がなければ、この歌声の解像感ととすっきりと伸びるヌケ感はライブとは思えないほどだ。

 バックのバンドの輪郭の切れはいまひとつだが、とにかく八神の鋭角的な透明な声質は、まったく以前と変わらないのが驚異だ。編曲があまりに現代風なので、オリジナルに親しんだ向きには戸惑いを覚えるほど。「パープル タウン ~You Oughta Know By Now」は8ビートのロックになり、疾走する。歌はどこまでも透明だが。

FLAC:96kHz/24bit
Sony Music Direct.、e-onkyo music

ニュー・サウンズ・イン・ブラス 2017
東京佼成ウインドオーケストラ

推薦ロゴ

 まさに豪華絢爛を地でいく、ゴージャスで、音数の多い録音だ。大編成としてのマッシブ感、スケール感、雄渾さは当然として、細部まで目が行き届き、スムーズで質感の高い音調でもある。吹奏楽団としてのノリの良さと、各楽器が集積される重層的な感覚が、高い次元でバランスする名録音。

 音場は横に、奥に広く展開する。華麗な音のバラエティを、洪水のように浴びたい人向け。

FLAC:flac 88.2kHz/24bit
USM JAPAN、e-onkyo music

『ミシェル・ルグラン名曲集 (アルトサックス:ジョルジュ・ロベール)』
George Robert

推薦ロゴ

 ミシェル・ルグランは作曲、演奏のどちらでも驚異的な作品性を発揮する天才である。

 彼の代表作をオーケストラ+アルトサックス編成へ編曲したアルバム。第1曲「Watch What Happens」。名画「シェルブールの雨傘」のワンチューンをジョルジュ・ロベールはしっとりと、そしてジャジイに歌い上げる。この曲の可憐な哀愁感がヒューマンなサックスの音色で物語のように綴られる。8曲目、I Will Wait For You (From "The Umbrellas of Cherbourg").「待てども来ぬ人をいつまでも待ち続ける」ことの切なさ、哀しさが切々と、サックスの音色とジャズ調の編曲で伝わってくる。バックのオーケストラは、インテンポで進行するなかで、アドリブを交えた、シンコペーション多用の自由奔放なサックスプレイが、より哀しみを助長する。

WAV:48kHz/24bit、FLAC:48kHz/24bit
Claves Records、e-onkyo music

『Emotional Dance』
アンドレア・モティス

推薦ロゴ

 スペイン・バルセロナ出身の女性トランぺッター/シンガーのアンドレア・モテスのImpulse!レーベル、デビュー作。さまざまな曲想の世界観を自らのものにして、歌い上げるテクニックは刮目だ。

 タイトルチューンの7曲目「エモーション・ダンス」はけだるく、倦怠的なボサノバ調でコケティッシュに歌唱。

 1曲目He’s Funny That Wayは、4ビートのスタンダードを明るく、ストレートに歌い上げる。2曲目 I Didn’t Tell Them Whyは軽快なスウィングが快適だ。3曲目Matildaはボサノバ的なテクスチャーを妖艶に歌う。ちょっと苦みがある、スムーズな歌声が心に染みる。

FLAC:96kHz/24bit
Impulse! Records、e-onkyo music

『Mussorgsky: Pictures at an Exhibition
- Prokofiev: Symphony No. 1, "Classical"』
Philippe Jordan

推薦ロゴ

 「展覧会の絵」 はロシアのムソルグスキーが作曲し、フランスのラベルが編曲したわけだから、演奏はロシア的、フランス的のどちらも可能だが、これはフランス的なチャーミングな展覧会だ。

 プロムナードのトランペットが軽快で、浮き立つような愉しさを歌い上げる。強調感がひじょうに少なく、軽やかに絵と絵との間をスキップしながら移動しているかのような愉悦に満ちたプロムナードだ。第2曲「ゴノマス」の低弦もけっしておどろおどろしくない。軽快な音調だ。「リモージュの市場」もブリリアントさは過剰ではなく、さらっとした上質な展覧会だ。「展覧会の絵」は 2016年5月20日、23日、24日にオペラ・バスティーユ舞台で、「古典交響曲」は2016年6月17日にリベルマン・ザルスタジオで録音。

FLAC:96kHz/24bit
ERATO、e-onkyo music