[ジュネーブ 16日 ロイター] - 北朝鮮は16日、国連のジュネーブ軍縮会議で、最近のミサイル発射実験は国際法にもとでの自衛という正当な行動であると主張し、米国の非難は北朝鮮の主権と尊厳への理不尽な侵害だと指摘した。

北朝鮮の外交官は「北朝鮮は、米国が敵対政策をとり、核の脅威を科し脅迫を続ける限り、自衛能力の強化することになる」と述べた。