HTCは台北で製品発表会を開催。その中で新フラグシップ端末「HTC U11」を発表した。端末を「Squeeze:握る」だけで操作できるという新しいユーザー体験がアピールポイントとなっている。

11

 HTC U11の製品コンセプトは「Brilliant U.:あなただけの、かつてない輝きを。」とのことで、ユーザーの使い方や生活に合わせたスマホになっているとする。具体的には4つの機能がこのコンセプトを体現しているという。

 まず「Edge Sense」は、端末側面のセンサーにより、「握る」という動きで端末を操作する。握り方にも「短く握る」「長く握る」という区別があり、カメラのシャッターやアプリの起動などに利用できる。カスタマイズも可能だ。

11

 サウンドも特徴の1つ。製品にはノイズキャンセリング・ハイレゾ対応のイヤホンが同梱。また装着時にユーザーの耳に合った音域や音量を検知して、約10秒でパーソナライズされた音を提供してくれる。独自AI「HTC Sense Companion」は、端末の利用状況や行動を学習して、ユーザーの行動を支援してくれるというもの。また、「Google Assistant」「Amazon Alexa」といった他社のAIも搭載。Edge Senseと連携し、握ったあとに話をすることで操作が可能になっている。

11
11

 デザイン面では曲面処理された光沢感のあるガラス素材を採用。光の方向で見え方や色が異なる点と、液体のような表面処理も特徴的となっている。IP67の防水防塵にも対応している。

11
11
見る角度を変えると、これだけ見た目が変わる
11
11
スゴい光沢感が特徴的。実際に握るとこのように感知される

 主なスペックは、WQHD解像度の5.5型液晶、Snapdragon 835、4GBメモリー、64GBストレージ、3000mAhバッテリー、Android 7.1.1など。カメラはリアにピクセルサイズが1.4μmの大型12メガセンサーを搭載。レンズのF値は1.7。

11

 海外での発売は6月初頭を予定。販売地域については発表会中では明言されなかったが、HTC NIPPONからもリリースが公表されており、その中にFeliCaへの対応や、「日本では、Amazonから日本語対応版のAlexaがリリースされた際に、ソフトウェアアップデートで実装予定です。」という文面があることから、何らかの形で国内で提供されると予想できる。

 発表会の模様や実機の写真については、後ほどあらためて掲載予定。