[東京 17日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前日比97円63銭安の1万9822円19銭となり、反落した。外為市場で1ドル112円台半ばまで円高が進行、主力輸出株は軟調な値動きとなり指数は一時150円超安となった。米長期金利の低下を背景に、メガバンクなどの金融株も売られた。ただ、一部の内需関連株には継続的な買いが入り、下支え要因となった。

セクター別では石油・石炭が下落率のトップ。鉱業、保険がこれに続いた。半面、電気・ガス、その他製品、食料品などはしっかり。

大和証券シニアストラテジストの石黒英之氏は「米株価指数先物が下落しており、為替が前日と比べ1円ほど円高に振れている割には、株価は底堅いという印象。中長期の海外投資家がバリュー株からグロース株に資金をシフトしている」との声が聞かれた。

東証1部騰落数は、値上がり571銘柄に対し、値下がりが1315銘柄、変わらずが123銘柄だった。