株式投資で儲ける方法&注目銘柄を大公開!
2017年5月19日公開(2017年11月20日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
ザイ編集部

日本郵政の野村不動産HD買収の成否と、将来の株価の
行方を分析! 海外子会社の減損処理で赤字転落した
日本郵政は野村不動産HDの買収で巻き返しなるか!?

2015年に買収したオーストラリアの物流子会社、トール・ホールディングス(以下、トール)の業績不振の影響で4000億円もの減損損失を計上した「日本郵政」。2017年3月期の当期利益は、2016年3月期の4260億円の黒字から一転、290億円の赤字に。しかし「日本郵政」は、トール買収の失敗に懲りず、新たに「野村不動産ホールディングス」の買収策を打ち出した。

政府肝いりで株式市場にデビューしてからわずか1年半。“お堅い”と思っていた「日本郵政株」は保有を継続してもいいのか? それとも売ったほうがいいのか? また、今後も「高配当」は継続されるのだろうか? 5月20日(土)発売のダイヤモンド・ザイ7月号に掲載される、今後の「日本郵政株」の行方を徹底分析した記事を抜粋して公開しよう!

物流子会社の減損4000億円を計上!
「日本郵政株」はこれからも持ち続けて大丈夫?

 トールは、「日本郵政(6178)」が傘下の日本郵便を通じて、上場前の2015年5月に買収した案件。「日本郵政」の関係者は、「上場に向けて成長性を示すための“お化粧”だった」と明かす。国際物流分野に打って出るという成長ストーリーを掲げるため、西室泰三社長(当時)と総務省とで買収を決めてしまったという。

 ただし、当初から6200億円という買収価格が高すぎると疑問視されていた。買収額と純資産との差である「のれん代」が4700億円にも上り、これを20年かけて償却していく予定だった。ところが、「トールの実態は鉄鉱会社。物流会社としての実力はさほどない」(物流関係者)こともあり、資源価格の下落で業績は急激に悪化してしまう。買収前には390億円あった営業利益は、2017年3月期は56億円と激減。将来キャッシュフローが目減りし、減損テストに引っかかってしまったというわけだ。

 今回の減損処理については、「20年かけて償却する予定だったのれん代を前倒しで一括償却したことはポジティブに評価したい」(東京・IPOフィナンテックの松尾範久さん)という声も多い。では、不安材料でもあったトールの膿を出し切ったいまこそ、「日本郵政」は買いと言えるのだろうか。

 「日本郵政」の人気の一つに配当利回りが3.55%と高配当な点が挙げられる(5月8日時点、以下同じ)。減損処理はあくまでも会計上の処理で、キャッシュアウトは伴わない。1株につき25円(中間と合わせて年間50円)の配当予想は据え置いたままなので、配当目当てであるならば、持ち続けてもよさそうだ。

 チャート分析で見ると、売りと買いが拮抗している状態。この先の方向性は、株価が上値の抵抗線を抜けるか下値の支持線を抜けるかで見極めたい。

 「上値抵抗線を抜けられれば、年内に1600円手前まで戻す可能性がある」(インベストラストの福永博之さん)。

 東京IPOの松尾さんも、「この先3~6ヵ月は、1200~1600円のボックス相場が続く」とみている。


※業績の会社予想や株価、PERなどは5月8日時点のデータ。以下同じ。
拡大画像表示

政府が8割の株を握り、経営の自由度に制限!
「野村不動産」買収効果まで時間がかかる可能性も

 一方、「日本郵政」の成長性は乏しいと言わざるを得ない。いまだ政府が8割の株を保有しているため、「民業圧迫」との糾弾を受けやすく経営の自由度に制限があるためだ。

 グループの稼ぎ頭は、「ゆうちょ銀行(7182)」だが、民間銀行が行なっている法人向け融資や住宅ローンには手が出せず、収益の大半は、国債を中心とした運用益に頼っている。マイナス金利で国債の金利は下がり続けているため、収益はジリ貧傾向だ。 

 そんな「日本郵政」が新たに打ち出した成長戦略が、「野村不動産ホールディングス(3231)」の買収。市場関係者からは、「トールよりは、シナジー効果が高い」と評価する声も出ている。なぜなら「日本郵政」は、土地所有額は国内上場企業で6番目という土地持ち企業。保有不動産を開発して収益化できる余地が大きい。

 これまで不動産事業としては、東京、博多、名古屋、札幌の駅前一等地の不動産を再開発して収益化してきたが、「三菱地所(8802)」や「三井不動産(8801)」など外部のディベロッパーの開発力に頼ってきた。「野村不動産ホールディングス」の買収には、今後、保有不動産を収益化していくにあたって、開発ノウハウを自社に蓄積していきたいとの狙いがある。

 日本郵便は全国に2万4000の郵便局を抱えており、そのうち商業ビルやマンションへ開発することによって収益化が見込めるのは集配局の1000局。ほかにも、日本郵政グループで、逓信病院やかんぽの宿、社宅などの不動産を持つ。

 ただし、現在、不動産市況は過熱感があり、不動産会社の買収に適したタイミングであるのかは微妙なところ。加えて、正式発表前に買収のニュースが流れてしまい、5月15日には「野村不動産ホールディングス」の株価はストップ高をつけ、高値水準にある。トールの二の舞となって、高値掴みにならないか、そんな心配の声も上がっている。

 ストップ高をつけた「野村不動産ホールディングス」の株価とは対照的に、ニュースが出た後、「日本郵政」の株価はほとんど動いていない。

 東京・IPOフィナンテックの松尾さんは、「『日本郵政』が次々とM&Aに手を出すのは、資金が潤沢であるがゆえの結末に感じられる。『野村不動産ホールディングス』の価値や、収益にどう貢献するのかが具体的に見え、株価に反映されるまでには時間がかかるだろう」と言う。

 ゆえに、楽天証券チーフ・ストラテジストの窪田真之さんは、「『日本郵政株』を持ち続けるのであれば、メガバンク株に乗り換えたほうがいい」とアドバイスする。金融事業に制限の多い日本郵政グループに比べて、メガバンクであれば、法人融資や住宅ローンはもちろん、関連会社を通じて、遺言などの信託、証券業務、消費者金融など、金融事業全般を幅広く手がけており、マイナス金利下でも収益を上げていくことができる。

 例えば、「三井住友フィナンシャルグループ(8316)」は5月17日株価でPER9.2倍、PBR0.6倍。配当利回りは3.89%で、じつは配当利回りでも「日本郵政」と遜色ない。一考に値しそうだ。

株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
株主優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!
【2017年12月1日時点】
【証券会社おすすめ比較】
 手数料、取引ツールetc.で総合比較! おすすめネット証券はココだ!
株式売買手数料(税抜) 投資信託 外国株
1約定ごと 1日定額
10万円 30万円 50万円 50万円
◆松井証券⇒詳細情報ページへ
0円 300円 500円 500円/日 217本
【おすすめポイント】
1日定額制プランしかないが、最大のメリットは、なんといっても1日の約定金額の合計が10万円以下であれば売買手数料が無料という点。資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。さらに、2016年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。
※1日定額制の場合
【関連記事】
◆【松井証券のおすすめポイントは?】10万円以下の株取引は手数料0円!その他無料サービスと個性派投資情報も満載
◆「株初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこ?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・松井証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
139円 272円 270円 429円/日 2461本
米国、中国
、アセアン
【おすすめポイント】
2016年5月からスタートした「超割コース」は、手数料が低水準のうえ、手数料の1〜3%をポイント還元! また、2017年9月より、1日定額コースの料金を引き下げ、1日10万円以下なら手数料が無料に! さらに、投資信託を持っているだけでポイントが貯まるので、長期的に積立投資を考えている人にはおすすめだろう。貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能だ。また、取引から情報収集、入出金までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事も無料で読むことができる。さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。
【関連記事】
◆楽天証券おすすめのポイントはココだ!~使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・楽天証券の公式サイトはこちら
◆カブドットコム証券⇒詳細情報ページへ
90円 250円 250円 1019本
【おすすめポイント】
三菱UFJフィナンシャル・グループのネット証券。逆指値やトレーリングストップなど自動売買機能に力を入れており、リスクを抑えつつ利益追求が目指せるため、日中に値動きを見られないサラリーマン投資家にピッタリ! 一方、板発注機能装備のトレードツール「kabuステーション」は、その日盛り上がりそうな銘柄を予測する「リアルタイム株価予測」を備え、デイトレードに便利。手数料無料の「フリーETF」も魅力。投資信託の積立は最低500円からできるので、投資初心者にもおすすめだ。
【関連記事】
◆【カブドットコム証券のおすすめポイントを解説】売買手数料は大手ネット証券の中でも最安値水準!9種類の用途別アプリで、スマホ取引もラクラク!
◆IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え! 通常の引受証券より割当のある主幹事と、多くの割当が期待できる主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・カブドットコム証券の公式サイトはこちら
1約定ごと(税抜) 1日定額(税抜) 投資信託 外国株
10万円 30万円 50万円 50万円
◆GMOクリック証券⇒詳細情報ページへ
88円 241円 241円 399円/日 62本
(CFD)
【おすすめポイント】
売買手数料の安さはネット証券でも最安レベルで、コストにうるさい株主優待名人・桐谷広人さんも利用しているとか。近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引ができ、この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFD、FXも活用する専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
【関連記事】
GMOクリック証券を「無料」で利用する裏ワザとは? グループ会社の株主優待を効率よく利用することで、1年間に「最大231回分」の売買手数料が0円に!
◆株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券は? 手数料、使い勝手で口座を使い分けるのが桐谷流!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・GMOクリック証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
100円 250円 450円 2500円/日 1071本
米国、中国
【おすすめポイント】
1注文30万円までなら手数料の安さはトップクラス。小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。多彩な注文方法や板発注が可能な高機能無料ツール「新マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。中でも、日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。毎月5000円の掛金から始められる低コストなiDeCoサービスも行っている。
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
139円 272円 270円 429円/日 2534本
米国、中国、
韓国、ロシア
、アセアン
【おすすめポイント】
ネット証券最大手。2017年9月より、1日定額制プランだと、1日10万円まで売買手数料が0円に! 手頃な手数料はもちろん、痒いところに手が届くような豊富なサービスにも注目したい。投資信託の数は2000本超でダントツ。投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップPTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富だ。米国株は、2016年7月の値下げにより手数料が最低5ドルから取引可能になった。低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。「2016年 オリコン日本顧客満足度ランキング ネット証券」では、10度目の1位を獲得
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・SBI証券の公式サイトはこちら
※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。

手数料の安さ、外国株や投資信託の豊富さに加え、
口座開設すれば利用できる「日経テレコン」で
日経新聞の無料購読も可能!⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!楽天証券の公式サイトはこちら

 

売買手数料を大幅値下げ! NISAの手数料が最安! 1約定ごとの手数料がお得!
楽天証券の公式サイトはこちら!
楽天証券
日本株は、1日10万円までの
取引なら売買手数料が0円!
マネックスの口座開設はこちら!
マネックス証券
日本株も海外株もNISAの手数料が無料
カブドットコム証券証券の口座開設はこちら!
カブドットコム
証券

大手ネット証券の中で
手数料が最安値水準!
取引ツールで日経新聞が無料で読めるメリット大!関連記事 NISAの手数料の安さがピカイチで商品も充実!関連記事 手数料が安いだけでなく、口座開設も迅速!関連記事
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 「アメリカン・エキスプレス」が誇る、高いスペック&ステータスを徹底解説!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

新理論株価で儲かる株
株主優待ベスト130
ふるさと納税ベスト86

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【株主優待ベスト130&新理論株価で買う株】
桐谷さん&優待ブロガー&ザイ読者が厳選!
 初心者も安心!株主優待ベスト130
失敗しない優待株の投資のワザ
●「優待+配当」利回りベスト30
少額で買える優待株ベスト30
権利確定月別の優待株ベスト 130
新理論株価まだ買える株68
年末までに駆け込め!ふるさと納税86
 3大カニマップ&寄附額管理シート付き! 
iDeCoつみたてNISAもこれが大事!
 騙されるな!投資信託選び10の落とし穴
●高配当&高成長の米国株ベスト12
地方上場の10倍株&佐川急便の投資判断
別冊付録!つみたてNISA完全ガイド

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング
ZAiオンラインPickUP