[ロンドン 17日 ロイター] - メイ英首相は17日、意見の対立が報じられたハモンド財務相への支持を表明した。タイムズ紙は今月、ハモンド財務相とメイ首相のチームが、6月8日の総選挙を控え政策や発表内容を巡って対立し、溝が深まっていると報道。

17日の選挙関連イベントでも、メイ、ハモンド両氏に、報道に関する質問が相次いだ。

メイ首相は、ハモンド氏との関係に関する質問を2回やり過ごした後、ハモンド氏を喜んで支持するかと聞かれ「非常に喜んでそうする」と述べた。

ハモンド氏を財務相として留任させる予定かとの質問には直接回答せず「われわれは、非常に長きにわたり共に働いている」と述べた。

ハモンド財務相も、BBCラジオのインタビューで「メディアのうわさ話だ」と不仲説を否定。

怒りの電話があったことは否定するかと質問に対しては「一度も悪態をついたことはないと言うつもりはないが、メイ首相のチームとは非常にうまくやっており、緊密に仕事をしている」と述べた。

*内容を追加します。