[17日 ロイター] - 米短期金利先物相場では、米連邦準備理事会(FRB)による6月の利上げ観測が後退している。ロシアとの癒着疑惑が相次いで浮上する中、トランプ米大統領の政策実行が遅れるとの見方が広がった。

CMEグループのフェドウォッチによると、フェデラルファンド(FF)金利先物が織り込む6月利上げの確率は約69%と、7割を割り込んだ。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)