[ソウル 18日 ロイター] - トランプ米大統領は、韓国の文在寅大統領の特使として訪米した洪錫炫氏に対し、北朝鮮の核・ミサイル開発問題について、状況が適切なら対話を通じて解決する用意があるとの考えを伝えた。韓国の聨合ニュースが18日、洪氏の話として報じた。

報道によると、トランプ大統領は朝鮮半島の平和を実現するため「対話」を用いる用意があると述べた。ただ、対話のための対話は行わないと強調し、北朝鮮問題への対応は圧力を用いることが前提だと説明したという。

大統領の発言について、ロイターとして確認は取れていない。