ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
美人のもと

存在感

西村ヤスロウ [広告プランナー]
【第104回】 2011年6月27日
著者・コラム紹介バックナンバー

 美人の存在感は素敵だ。そこにいるだけで、場の空気が心地よくなる感じがする。特に目立ったことをするからではないのに無視できない存在感がある。

 何人かの集いでも発言ひとつひとつが大事にされるような力を持っている。皆が発言に集中したくなる力だ。

 他人の話をしっかり聞いて、理解して、考えて発言する。だから先に発言した人も、次に話す美人の話をきちんと聞こうという気持になるのだろう。存在感とは声の大きさではなく、聞く姿勢から生まれるのだなと思う。

 一生懸命、人の話を聞いている瞬間。これは話していて気持いいものだ。美人と話していると話す声の大きさを調整しやすい。その表情だけで、もう少し大きく話してとか、声が大きすぎるよというサインが伝わってくる。

 そして、自分が話し始めるタイミングが実にうまい。相手が話し終わって、ほどよいタイミングで話し始める。一生懸命聞いているから、その「間」のつくり方が非常にうまいのだ。

 会話の間のうまさは「美人のもと」をつくるように思う。

 食事をしたり、お茶を飲んだりしている集団がいる。そこで「え、なになに」「もう一回言って」と大声で何度も言う人がいる。他人が話している途中に「あのさー」と始める人がいる。他人が話していることを理解しようともせず、わかったふりをして相槌だけ打っている人がいる。瞳孔が開いたまま笑っている人だ。周囲は「またか」という表情であるが、本人はそれにも気づいていない。

 それまで存在感がなかったのに無理矢理つくられた存在感である。邪魔な存在感である。

 間が悪い。他人の話をきちんと聞いていないから、気持いい間が取れない。会話の大事なタイミングでメールを始めたり、トイレに立ったりして、話の流れもつかめていない。たいてい皆が席を立とうとした瞬間に別の話を始めたり、お会計の時にいなくなったりする人だ。「美人のもと」が減っているように見える。

 上手に会話するというのは上手に話すことだと思われがちであるが、実は聞き方である。しっかり聞く気持を持っているだけで相手に合った「間」をつかみ、そして美人が持つ存在感を手に入れることができる。


この記事に関連した読者調査の投票結果を見る
(投票期間は終了しています。)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

西村ヤスロウ [広告プランナー]

1962年生まれ。プランナー。趣味は人間観察。著書に『Are You Yellow Monkey?』『しぐさの解読 彼女はなぜフグになるのか』などがある。


美人のもと

『経』に好評連載中の西村ヤスロウ氏によるエッセイ。「美人のもと」とは、女性なら誰しも持っているもの、「美人のもと」を磨き続けるためのコツを解き明かす。

「美人のもと」

⇒バックナンバー一覧