[ニューヨーク 18日 ロイター] - 18日の米短期金利先物相場は、年内2回の利上げ観測が強まった。米新規失業保険申請件数が予想外に改善、5月のフィラデルフィア地区連銀業況指数も予想に反して上昇したことを受けた動き。

ロイターのデータによると、市場が織り込む年内2回の米利上げ確率は35%と、指標公表前の約33%から高まった。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)