[サンフランシスコ 18日 ロイター] - 米クリーブランド地区連銀のメスター総裁は18日、労働市場が完全雇用に達し、インフレ率が米連邦準備理事会(FRB)の目標の2%に近づいていることを踏まえ、FRBは利上げを継続すべきとの見解をあらためて示した。

メスター総裁は「とりわけ低水準の金利やバランスシートの規模の大きさを踏まえると、米連邦公開市場委員会(FOMC)は後手に回らぬよう、引き続き警戒を緩めないことが重要」と語った。

そのうえで、FRBが毎回の会合で利上げを実施する必要はないが、利上げを継続すべきとの考えを示した。

FRBが年内にバランスシートの縮小に着手することに違和感はないとしたうえで、バランスシート縮小計画発表後はその方針を堅持し、景気動向の変化には短期金利の変更を通じてのみ対応すべきとした。

メスター総裁は今年のFOMCで投票権を持っていない。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)