[アテネ 18日 ロイター] - ギリシャ議会は18日、国際債権団から新たな融資を受けるための条件となっていた、年金削減や増税を含む改革法案を可決した。

議会の建物の外では、数千人が集まって新たな緊縮策に抗議し、一部でデモ隊が警官が衝突する騒ぎも起きた。

ギリシャは7月に期限を迎える75億ユーロの債務返済の資金を確保する必要がある。

ギリシャ政府は改革法案の可決により、国際債権団がギリシャに対し、75億ユーロの追加融資とさらなる債務軽減を認めることを期待している。

チプラス首相は議会で改革について「(ギリシャにとっての)新たな道を開く、決定的な転機だ」と語った。

来週22日にブリュッセルで開かれるユーロ圏財務相会合(ユーログループ)では、引き続きギリシャの債務問題が話し合われるほか、改革案の法制化を受けた金融支援プログラムの進捗評価が行われる見通し。