[東京 19日 ロイター] - 麻生太郎財務相は19日の閣議後会見で、教育無償化について「今後とも財源を確保しながら教育の充実を進めていくのが基本」との見方を示した。その上で、教育の質の向上と併せ、大学改革にも取り組む必要があると指摘した。また、「借金でごまかすという話には乗れない」とも述べ、自民党内で浮上する教育国債をけん制した。