[フランクフルト 19日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)が公表した3月のユーロ圏経常収支は、季節調整後で341億ユーロの黒字となり、過去最大を記録した前月の378億ユーロから黒字幅がやや縮小した。

季節調整前では448億ユーロの黒字で、黒字幅は前月の278億ユーロから拡大した。財・サービスの貿易黒字が大幅に拡大したことが背景。

過去12カ月間の経常黒字の対域内総生産(GDP)比率は3.4%で、前年同期の3.3%から上昇した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)