[ブリュッセル 19日 ロイター] - 欧州委員会のドムブロフスキス副委員長は、欧州の銀行と政府との「リンク」が弱まっており、投資家は個別行のリスクとソブリンリスクを徐々に識別するようになっている、との見解を示した。

欧州債務危機の際には銀行が国債を保有していたため、銀行の資産が毀損(きそん)、政府支援が必要な状態に陥った。

副委員長は会見で「危機を経て銀行は政府債の保有を減らした。銀行債の価格にいい動向がみられ、ソブリン格付けと乖離(かいり)しはじめた」と指摘。ただ金融セクターの耐久性を高めるためには欧州連合は銀行同盟を完遂する必要があると述べた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)