[ソウル/東京 21日 ロイター] - 日韓両政府は21日夕、北朝鮮が同国西岸から弾道ミサイル1発を発射したと発表した。ミサイルは約500キロ飛行し、日本海に落下したとみられる。北朝鮮の弾道ミサイル発射は、この1週間で2回目。

米韓両政府は国際社会が警戒する大陸間弾道弾(ICBM)ではなく、2月に発射した中距離弾道弾と同型の可能性があるとみている。

ミサイルは午後5時前、西岸の北倉から東方向へ発射。日本政府によると、朝鮮半島東岸から約350キロ、島根県の隠岐諸島から約400キロ、秋田県の男鹿半島から約700キロの日本海に落下したとみられる。

米ホワイトハウスは声明を発表し、今年2月に発射したミサイルと同型との見解を示した。韓国軍も、2月のものと類似しているとみている。2月のミサイル「北極星2型」は、発射までの時間を短縮できる固体燃料を使用。高度約550キロに達し、約500キロ飛行した。韓国軍によると、今回の高度もほぼ同じ約560キロ、飛距離は500キロだった。

安倍晋三首相は官邸で記者団に対し、「国際社会の平和的解決に向けた努力を踏みにじるもの。世界に対する挑戦だ」と非難。今月26─27日の主要7カ国(G7)首脳会議で、「明確なメッセージを発出したい」と語った。その上で、「米国、韓国、中国、ロシアとも結束しながら、国際社会とも連携してき然とした対応をとっていく」と述べた。

北朝鮮の弾道ミサイル発射は、この1週間で2回目。14日に発射したミサイルは、初めて2000キロ超の高度に達し、約30分間飛行して日本海に落下した。ICBMに必要な大気圏再突入実験を行ったとの見方が出るなど、関係各国は北朝鮮の弾道ミサイル開発が急速に進んでいると見て警戒を強めている。

*情報を追加しました。

(久保信博、田巻一彦、Ju-min Park、Jeff Mason、Steve Holland 編集 橋本浩)