[リヤド 20日 ロイター] - 米国とサウジアラビアは、トランプ米大統領のサウジ訪問に合わせ、数百億ドル規模の商談を複数締結した。サウジは石油依存経済からの脱却を目指している。

国営石油会社サウジアラムコは、複数の米企業と総額500億ドルの案件で合意した。サウジのファリハ・エネルギー相は、全企業の商談は総額2000億ドル以上に達したと明らかにした。まとまった案件の多くが、サウジがこれまで輸入していた物を国内生産するためのものという。

ファリハ氏は「海外企業は、他の市場への輸出拠点としてサウジに目を向けてほしい」と述べた。

米プライベートエクイティ(PE)大手ブラックストーン<BX.N>とサウジの「公共投資基金(PIF)」は20日、主に米国でインフラ投資を手掛ける400億ドル規模のファンドを立ち上げる計画を発表した。

ブラックストーンによると、インフラ投資ファンドへの出資額はPIFが200億ドルで、残りを他の投資家が分担する。同社はこの出資金と借り入れを組み合わせ、さまざまなインフラ整備計画に1000億ドル強を投じるという。

一方、サウジのPIF、ソフトバンク・グループ<9984.T>、米アップル<AAPL.O>などが出資するプライベート・エクイティ・ファンド「ビジョン・ファンド」は20日、930億ドル超を調達したと発表した。人工知能(AI)やロボット工学など先端テクノロジーに投資する計画。同ファンドの資金の大半は米国に投資される見通しで、サウジは経済の多角化に活用できる先端技術へのアクセスが可能になる。

さらに、米複合企業ゼネラル・エレクトリック(GE)<GE.N>は、サウジと発電の高効率化支援を含む総額150億ドルの商談をまとめたと発表した。

また、ジェイコブズ・エンジニアリング<JEC.N>は、サウジ事業を統括する合弁会社をアラムコと設立する計画。米マクダーモット・インターナショナル<MDR.N>は、ドバイにある造船設備の一部をアラムコがサウジ国内に建設を予定している造船複合施設に移す。

米ロッキード・マーチン<LMT.N>は、多目的ヘリコプター「S―70」約150機をサウジ国内で最終組み立てするための支援を行うと発表した。

*内容を更新しました。