[ワシントン 21日 ロイター] - ティラーソン米国務長官は、北朝鮮のミサイル発射を受け、同国への経済・外交的圧力は継続されると述べた。「FOXニュース・サンデー」のインタビューで「現在行われている実験は失望を誘う行為で憂慮すべきだ。やめるよう求める」と語った。

北朝鮮は21日、同国西岸から東方向へ弾道ミサイル1発を発射した。北朝鮮の弾道ミサイル発射は、この1週間で2回目。