[ソウル 22日 ロイター] - 韓国は22日、北朝鮮が21日に実施した中距離弾道ミサイル発射実験で「有意義なデータ」を得たもようだとの見解を示した。韓国統合参謀本部の報道官は「米韓の情報当局は、北朝鮮がミサイル技術の信頼性を高める上で有意義なデータを得たとみている」と述べた。

その上で、北朝鮮が弾頭の大気圏再突入技術を完成させたかどうかについてはさらに検証する必要があるとした。