[マニラ 22日 ロイター] - フィリピンのカエタノ外相は22日、ドゥテルテ大統領と中国の習近平国家主席による前週の会談について、脅しや警告はなく率直かつ友好的な協議が行われたと説明した。

首脳会談を巡っては、ドゥテルテ大統領が講演で、南シナ海でフィリピンが石油掘削を進めた場合、中国とフィリピンは戦争になると習主席から警告を受けたと述べた。

カエタノ外相は記者団に対し「会話は極めて率直だった。相互の尊重・信頼が見られた」と語り、会話は「戦争をすると互いを脅すのではなく、いかに対立を回避し地域の安定を実現するかという文脈で行われた」と説明した。