5月19日、香港と中国本土の珠江デルタを結ぶ、長さ約30キロの橋が完成に近づくなか、中国の当局者らは、香港との緊張が高まっているこの時期に、この橋が経済統合以上のものをもたらすことを期待している。写真は橋の上に立つ建設作業員。珠海市で17日撮影(2017年 ロイター/James Pomfret)

[珠江口(中国) 19日 ロイター] - 香港と中国本土の珠江デルタを結ぶ、長さ約30キロの橋が完成に近づくなか、中国の当局者らは、香港との緊張が高まっているこの時期に、この橋が経済統合以上のものをもたらすことを期待している。

 仏パリのエッフェル塔60基分以上の鋼鉄を使って建設されているこの海上橋「港珠澳大橋」が最初に提案されたのは1980年代のことだった。英国領だった当時の香港自治政府は、共産主義国である中国との距離が一段と近くなることを恐れ、橋の建設に反対した。

 しかし、1997年に香港が中国に返還されると、香港と、珠江デルタにおける製造業とスプロール現象を融合させる数々のプロジェクトが飛び交い、香港に少なからず不安を与えている。

 橋建設プロジェクトの責任者の1人である中国当局者Wei Dongqing氏は、欧州の元植民地である香港、マカオと、広東省珠海市をつなぐこの橋について、物理的にも心理的にも調和を促進するものとの見方を示した。

「橋は3つの場所をつなぎ、心理的影響をもたらす」と、完成半ばの6車線の橋の上を行く記者向けのツアーバスのなかで、Wei氏はロイターに語った。遠くにはマカオのカジノがかすかに見える。