[東京 22日 ロイター] - 安倍晋三首相は22日、米ボストン・コンサルティング・グループが都内で主催したイベントで講演した。安倍政権で訪日観光客の増大は成功したが「対日投資の低さは課題」として、日本への投資拡大を呼びかけ、「日本は成長センターであるアジアへのゲートウェー」と訴えた。

政権としても、高度人材への永住権付与「日本版グリーンカード」などの施策を打ち出し、日本への人材と投資の誘致を進めていると強調した。