[ニューヨーク 22日 ロイター] - 国連安全保障理事会(安保理)は22日、北朝鮮による21日の弾道ミサイル発射を非難するとともに、安保理を無視する同国の「非道かつ挑発的な行為」に懸念を表明した。

安保理は日米韓の要請を受け、23日に非公開の緊急会合を開き、今回のミサイル発射について協議する。

安保理は2006年に北朝鮮に対する最初の制裁決議を採択した。