[ボーフム(ドイツ) 22日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのワイトマン独連銀総裁は、ECBが異例の金融緩和策の解除時期を決定するにあたり、財政基盤の脆弱な一部のユーロ圏諸国の状況を勘案すべきではないとの考えを示した。

総裁は当地での講演で「一部の国の財政状況や金融市場関係者の損失を懸念して、金融政策の正常化を先延ばしには出来ない」と述べた。