[ワシントン 22日 ロイター] - トランプ米大統領は、ロシアの米大統領選関与疑惑を巡る捜査で、大統領に助言などを行う外部弁護士を起用する考えで、候補を4人に絞り込んだ。ワシントン・ポスト紙が22日、関係筋4人の話として報じた。

候補とされるのはマーク・カソウィッツ氏ら4人の著名弁護士。関係筋2人によると、トランプ大統領は1人ではなく複数の人物を選定したい考え。

外部弁護士は、ホワイトハウスのマクガーン法律顧問とは別に活動する見込みだという。

カソウィッツ氏ら4人は現時点ではワシントン・ポストのコメント要請に応じていない。ホワイトハウス当局者は同紙に対し、コメントはないと述べた。